2010旅行記 夏 北海道旅行
その10(8月10日 札幌市内観光)
 今回の札幌市内の観光は、まず、平岸高台公園を紹介します。平岸高台公園は、HTB製作の「水曜どうでしょう」のオープニング・エンディング(番組では、前枠・後枠と呼んでいます。)の撮影をしている公園です。「水曜どうでしょう」はドラマやテレビなどで活躍されている俳優「大泉洋」さんを全国区した番組です。

 水曜どうでしょうのマニアにとっては、聖地と呼ばれていて、巡礼の対象になっていて、かなりの人が多く来ます。水曜どうでしょうのイベントを真駒内で行ったときには、訪れる人の多さで、芝が根元から枯れたそうです。
  
さて、平岸高台公園へのアクセスですが、札幌市営地下鉄「さっぽろ」駅から、南北線に乗り、南平岸駅で降ります。駅を出ると、ローソンが見えますので、ローソンからHTB本社を目指して、坂を上がります。
 HTBに着いたら、HTBの駐車場をさがして、そこから30秒で着きます。もし、わからなかったら、HTBの受付で聞いてみてください。
 
 公園自体には、ほとんどなにもなく、冬には、そり遊びができる坂がある程度で、水曜どうでしょうの名物デレクター藤村さんが言うように、わざわざに見に来るほどのものでないと思います。ただ、テレビで見た光景を生で見れることには、水曜どうでしょうのマニアには、たまらないものがあると思います。
 また、HTB社屋受付前には、水曜どうでしょうに関するミニ博物館がありますので、是非寄ってください。 
南平岸駅名票
HTB 玄関前 
 坂の下から撮影した様子
どうでしょうの撮影はここで行われます。
 坂から撮影した様子その2 坂の上から撮影した様子
冬季には、ここからそりで滑べる撮影もあります。
    大通り公園の一角には、さっぽろテレビ搭があります。ぜひ展望台に上がってみてください。大通り公園や大倉山などが一望できます。また、札幌のお土産店もあります。ちなみに、ご当地キティをの購入の際には、テレビ搭の中のお土産店が一番品ぞろえがあります。(特にボールペン)
 また、テレビ搭のイメーキャラクター「テレビ父さん」も人気があります。
さっぽろテレビ塔
 札幌市時計台の正式名称は「旧札幌農学校演武場」といって、北海道大学の前身にあたる札幌農学校の室内体育館、武道場として建てられました。
 平成7年からの修復作業をへて、1階は資料館として、整備されたました。資料館には、札幌農学校や時計台の歴史についての資料があります。2階は、ホールになっていて、結婚式や音楽会などがおこなれわています。
 写真を撮るときは、撮影ポイントが明示されていますので、その場所が撮ってみてください。この2枚の写真もその撮影ポイントで撮影しました。なお、大通りに面しているので、撮影の際は通行人やほかの観光客に十分注意して撮影してください。
 これで、すべての観光をおわり、赤羽駅に向けて、列車の旅が始まります。
 札幌時計台その1
 札幌時計台その2
 
前へ 次へ

その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13