2010旅行記 夏 北海道旅行
その4(8月7日 函館競馬場)
 函館競馬場は、今年、スタンドのみを新築をしてグランドオープンしました。今回は、新しくなった函館競馬場を紹介したいと思います。
 函館駅からは、市電で約25分で着きます。バスでも約20分で着きます。
 市電で訪れる場合は、競馬場前停留場で降りてください。目の前に、函館競馬場の広場がが見えます。
 その広場の奥に、函館競馬場のエントランスがあります。また、エントランスでは、ターフィーを背にしたポニーが迎えてくださいました。(下)
 
 指定席はJRAカードによる発売はなく、すべて当日、発売なので指定席を利用したい方は、なるべく早めから並んだほうがよいと思います。
  
競馬場前 停留所
 
 エントランス前 広場
エントランス   エントランスで歓迎のポニー
  2004年8月1日にも函館競馬場にきています。その時、函館競馬5Rで3連複67,630円を200円買っていて、13万ぐらいの払い戻しをうけて、驚いたことがあります。ちなみに後ろに写っているのが、改装前の旧スタンドです。そのときも、TURFY君とツーショットを撮っていました。
そこで、今回もゲンを担ぎ、TURFY君とツーショットを写真をとりました。
 
 馬券のほうは散々でしたが、かなり楽しめました。
 
 新しい競馬場はとてもきれいで、いろいろなものがあり、紹介はできませんが、新しいスタンドの設備の目玉としては、パドックシートがあります。それを紹介したいと思います。
 
TURFYとツーショット写真(2004年)
函館競馬場にて
 
 TURFYとツーショット写真(2010年)
函館競馬場にて
   
パドックシート(一般席)   パドックシート(一般席)
   函館競馬場の最大の売りであるパドックシートについて説明します。函館競馬場では開催が夏の2カ月間(6月中旬〜8月上旬、8週間)しかありません。
 その他の時期は、WINSパーク(いわゆる場外馬券発売所) としての営業となります。
 
 そこで、室内で快適に競馬観戦をするため、ほかの競馬場と違い、、パドックの周囲に座席を設置をし、一般席として開放しています。
 
 一般席の中には、パソコンでインターネットができる机がついた席や畳の席もあり、バラエティにとんでいます。 欠点は開催時のレースは、ライブでなく、大型ビジョンの映像となります。
 一度、皆さんもWINSパーク時にも函館競馬場におどずれてください。 冬の函館も悪くないと思います。
  
 パドックシートから大型ビジョンを見た席
パドックシート( 畳席)
   
指定席から馬場方向を(その1) 指定席から馬場方向を(その2)
 最後に、指定席から馬場方向を眺めた写真です。指定席はインターネット全席利用可能です。
 
 また、パソコン用のコンセントが海風によるさび防止のためふたが付いています。そのため、パソコンを持参するときは、電源コードの種類によっては、うまく、差し込めないときがあるので、トリプルタップか延長コードを持っていくことをお勧めします。
 指定席からゴール前方向へ 

前へ 次へ

その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13