2011旅行記 夏 九州編
その10 (8月11日 荒尾競馬場)
 この日は、博多から快速列車で、約80分で荒尾駅に到着します。熊本県の荒尾市には、荒尾競馬場があリます。この訪問は最初で最後の訪問となりました。この訪問の約3週間後の9月5日に2012年12月23日をもって廃止することが発表されました。訪れたときには、出走頭数も少なく、観客も少ないと感じていました。このニュースを読んだ時、やはり、地方競馬の経営は厳しいものだと感じました。この先、レジャーの多様化、不況の下で、地方競馬が生き残りために何をしなければいけないのかを考えていかなければならないと思いました。
 廃止後は、来年の3月までは、場外発売場として営業しますが、そのあとは未定ということです。出来れば、旧高崎競馬場のように、JRA・地方の場外競馬場として、残って欲しいと思います。そうしたら、また訪れたいと思います。
 しかし、お客さん・中で働く人は、明るく、少しでも競馬場を盛り上げようという気持ちが伝わってきて、楽しめました。
荒尾競馬場 入り口
スタンド
上側のガラス張りのところが特別観覧席
ゴール前  荒尾競馬ゴール前
パドックにある出走表 パドック
 このあとは、熊本に宿泊しました。天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本で疲れをとり、翌日からのこの九州の旅のもう一つの目的である豊肥本線の乗り鉄に備えました。この長かった九州の旅も、後半戦に備えます。
JR 九州 811系
荒尾駅にて
 博多〜荒尾〜熊本 時刻
2011年8月11日 現在 平日用 
博多 10:47発 4233M 快速
荒尾 行き
荒尾 11:58着
荒尾競馬 観戦 
 荒尾 15:55発  5337M 普通
熊本 行き
熊本 16:39着

休日は若干時刻が変わります。

前へ 次へ

その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12