2017正月 中国地方の旅
その5 1月4日(水)
高松〜池谷〜鳴門〜徳島〜和歌山〜大阪〜京都
 この日は、高松から京都まで移動します。まだ、一度も乗っていなかった鳴門線に乗車するために、池谷に向かいます。
 池谷から鳴門線に乗り、鳴門に向かいましたが、十分な下調べをしていなかったので、どこを観光していいかわからず、また、時間もそれほど取れなかったので、来た列車で徳島に戻りました。
高徳線 1500形
鳴門線 1500形 池谷駅から徳島駅方向を望む
 お昼は、徳島ラーメンにしました。徳島駅ビルのクレメントプラザ内にある岩田屋です。
 豚骨醤油にラーメンがベースに生卵をのせるのが、ラーメンの特徴です。生卵が苦手なので、のせませんでした。
 濃厚なスープと麺がうまく絡み合って、関東ではなかなか食べられない、とてもおいしいラーメンをいただくことができました。
岩田屋のラーメン
  徳島港から南海フェリーで和歌山に向かいます。通常運賃は、2,000円ですが、「なんば好きっぷ2,000円」を購入すると、フェリーと同じ運賃で、南海電鉄のなんば駅まで、行くことができます。和歌山港〜難波間が実質無料となります。
 かなり、混雑していて、じゅうたん席の一角しか取れませんでしたが、約2時間のフェリーの旅を楽しむことができました。
 船上から紀伊水道を望む
椅子席 デッキ 
ビジネスコーナー   じゅうたん席
 和歌山港から特急サザンで、難波まで。難波から、梅田まで戻りました。梅田の競馬BAR「そのまま」で、翌日の京都金杯について議論し、夕食をとり、そのあとは京都移動し、京都競馬にそなえてゆっくり休むことにしました。
グリーン車
(南海フェリー)
サザンの座席指定車両 和歌山港〜難波を結ぶ特急サザン
南海電鉄7100系 
高松〜池谷〜鳴門〜徳島〜和歌山〜難波
2017年1月4日現在
高松 10:02発 高徳線
4323D 普通
徳島 行き
池谷 11:51着
12:42発 鳴門線
4962D 普通
鳴門 行き
鳴門 12:59着
13:06発 鳴門・徳島線
4962D 普通
鳴門 行き
徳島 13:48着
昼食および徳島港に移動  
徳島港 16:30発 南海フェリー7便
和歌山港行き
和歌山港  18:35着
18:53発 南海電鉄
南海本線・和歌山港線
0604 特急 サザン54号
難波行き 
難波  19:59着
このあと、難波→梅田・大阪→京都と移動  
宿泊先:アパホテル京都堀川通


前へ 次へ

   
その1 その2 その3 その4 その5
その6